365怎白翌律app

夕頭

グロ`バルナビゲ`ションへ

云猟へ

ロ`カルナビゲ`ションへ

フッタ`へ



コリバクチン晒僥夛の畠否盾苧に撹孔


ホ`ム >  ニュ`ス >  コリバクチン晒僥夛の畠否盾苧に撹孔

云僥a僥何の局xt屈縮娩らの慌揖冩梢グル`プは、寄cがんリスク咀徨コリバクチンの晒僥夛の畠否盾苧に撹孔しました。

c坪醸欧撹する匯何の寄c醸が嗄鐚飲に俊乾すると、嗄鐚飲のDNA屈嶷iの俳僅およびz思篁によるz散笑圓伏じることが鷂罎気譟△海譴蕕両が寄cがんのリスク咀徨である辛嬬來が峺姜されていました。これら寄c醸が伏栽撹する爺隼嗤C晒栽麗がz散笑堽閂|の云悶と深えられ仝コリバクチン々と凋兆されています。しかし、弊順において互い廣朕を鹿める晒栽麗でありながら、コリバクチン徭悶の奮は_撹されておらず、晒僥夛は隆Q協のままでした。厘?が蛍xしたコリバクチン互伏b幄より、書指弊順で兜めてコリバクチンを俺らえることに撹孔しました。コリバクチンはOめて郡魹圓互く、否叟に卑箪などの箔宰來の麗|が原紗し、}方の晒栽麗へと蛍盾する來|があり、紗えて掲械に裏楚な伏b楚であることが、コリバクチンをこれまで奮できなかった勣咀であるとYづけられました。この並がコリバクチンのkがん恬喘C會の盾苧やマ`カ`としての鮄胆喘においての嬾謁となっていましたが、云冩梢撹惚により書瘁寄ckがんの嚠契マ`カ`としての試喘や、その茅肇による寄cがんリスクの詰pが豚棋できます。

コリバクチンの晒僥夛

云撹惚は、晒僥蛍勸において恷も慷のある忽H晒僥jI〆Journal of the American Chemical Society〇(Impact Factor: 14.612) 徨井に2021定3埖31晩原けでdされました。

dされた猟
Isolation of novel colibactin metabolites from wild-type Escherichia coli and in situ trapping of a mature colibactin derivative
Zhou, T., Hirayama, Y., Tsunematsu, Y., Suzuki, N., Tanaka, S., Uchiyama, N., Goda, Y., Yoshikawa, Y., Iwashita, Y., Sato, M., Miyoshi, N., Mutoh, M., Ishikawa, H., Sugimura, H., Wakabayashi, K., Watanabe, K.
vBリンクAmerican Chemical Society
https://pubs.acs.org/doi/10.1021/jacs.1c01495翌何サイトへリンク

執架冩梢メンバ`
床h羨寄僥a僥何 局xt屈縮娩、幄塀氏芙アデノプリベント 巓w冩梢T、床h羨寄僥奮瞳h廠冩梢センタ` 飛爽彰屈蒙販縮娩、床h羨寄僥奮瞳剞B親僥何 眉挫ヨ彈縮娩、晩云匳伏凋親僥寄僥匳僥何 耳寒啼徨v、篋防匳親寄僥匳僥何 粘經済綵綿據⊂脅軒羨匳親寄僥匳僥何 冷儲埼縮娩、奨脅軒羨匳親寄僥匳僥何 墳寒倔簗愴僚綿據忽羨匳a瞳奮瞳l伏冩梢侭栽弥侑レ 侭L


2021定4埖1晩

モバイル燕幣

PC燕幣